美容室の疑問を解決

美容室のトリートメントの特徴と、持ちをよくするためのヘアケアのコツをご紹介

img src=”puppy.jpg” alt=”寝転がるロングヘアの女性”

 

美容室でトリートメントをしても、全然手触りのよさが長持ちしません。

担当の美容師さんには、3週間〜1ヶ月くらいは効果が持続しますと言われましたが、体感だとそんなに、、、。

私は美容室のトリートメントは向いていないのかな、、、。

美容室のトリートメントを長持ちさせる方法を知りたいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

先日、美容室に月1で通うメリットとデメリット【おすすめメニューもご紹介】の記事でも、美容室で月1トリートメントをすると、手触りもよく、ツヤ、ハリコシも出やすくなるとお話しました。

美容室のトリートメントは髪の毛の内部まで栄養補給することができるので、おすすめなのですが、髪質や髪のダメージ具合、自宅でのヘアケアなどにより、持続力は変わってきます。

 

結論、自宅ヘアケアが最重要です。

 

✅そのあたりを深堀りしつつ、今回の記事の内容は、

 

・美容室のトリートメントの特徴と注意点

 

・美容室のトリートメントを長持ちさせる方法

 

美容室のスペシャルケアと、普段のあなた自身で行うヘアケアをうまく組み合わせましょう。

美容室のトリートメントの特徴と注意点

img src=”puppy.jpg” alt=”美容室でトリートメントした女性”

美容室のトリートメントは、髪の毛の手触り、ツヤ、ハリコシに繋がる成分を、しっかり髪の毛に補給できます。

美容室のトリートメントは3種類から5種類くらいの薬剤を使う

この部分が、あなたが自宅で行うトリートメントと1番違う点かも。

 

髪の毛の栄養補給に必要な成分って、1種類ではありません。ハリコシを強化する成分、油分や水分補給など、全部を満遍なく補給しようとすると、なかなか大変です。

 

そして、その栄養成分を髪の毛内部に浸透させた後、しっかり髪の毛表面にフタをしないと流れ出てしまいます。その一連の流れを、美容室のトリートメントは、すべてできます。

 

時間とお金はかかりますが、手触りだけ滑らかにする”コーティング系”寄りのトリートメントとは違い、健康な髪の毛本来の状態に近づけることができます。

あなたの髪の状態をしっかり把握しましょう

ぶっちゃけ、美容室のトリートメントが必要ない髪の状態の人もいます。

 

 

✅まずは、あなたの髪にトリートメントは必要か?という部分を考えることが必要です。

 

✅さらに、美容室のトリートメントが1種類では無く、幅広い髪の状態に対応できるか、確認することも大事です。

※例えば、

3種類の薬剤で軽めに仕上げるトリートメント→3000円

5種類の薬剤で、傷んだ髪をしっとりとまとめます→4500円

こんなメニュー展開があるかは、重要です。

 

具体的に説明すると、美容室のトリートメントは数種類の栄養成分をしっかりと髪の毛に浸透させるのですが、この数種類をしっかりやると、逆に髪の毛が重くなったり、べたついたりする場合もあります。

髪の状態によっては、軽めのトリートメントが最良のメニューだったりします。

 

そこまで重いトリートメントが必要ない人は

・髪がそこまで傷んでいない

・頭皮が脂っぽく、しっとりしている

・カラーや、パーマをしていない

こんな特徴があります。

 

それぞれの注意点は、

・髪の痛み具合はしっかり美容師と相談したほうがいいですね。洗い流さないトリートメントなど、軽いヘアケアで十分な場合もあります。

 

・頭皮が脂っぽい人は、毛先まで頭皮の影響でしっとりしている場合も多いです。まずはしっかり頭皮の脂を落とせるように、シャンプー選びから始める事をおすすめします。

 

・カラーやパーマは、どれだけ繰り返しているか?みたいな部分が絡んでくるんですが、カラーはよっぽど明るい色にしていない限り、そこまで髪は傷んでいないことがほとんどです。

・パーマは、毛先がわかりやすく乾燥し、痛みも見えやすいので、しっかりトリートメントをする場合が多いです。

このような感じです。

 

美容室のトリートメントは、髪の状態を正しく把握すれば、いい状態を保つのに最適なメニューです。月1回の施術も是非、おすすめしたいです。

ただ、美容師とのコミュニケーションをしっかりとって、あなたの髪の状態に合わせたトリートメントを選んでほしいと思います。

 

美容室のトリートメントを長持ちさせる方法

img src=”puppy.jpg” alt=”寝転がるロングヘアの女性”

自宅でのヘアケアが美容室のトリートメントを長持ちさせる秘訣です。

まずはシャンプーの見直しから

洗浄力の強いシャンプーは、トリートメントの持続力を低下させます。

 

実は毎日使うシャンプーで、トリートメントの持ちを悪くしている事ってとても多いです。トリートメントが持たないと相談する人の多くが、市販シャンプーをがっつり使っています。

市販シャンプーとは、ドラッグストアで気軽に買えるシャンプーで、洗浄力が強いのが特徴です。これはシャンプーの1番大事な部分で、しっかり選ばなければいけない、“洗浄成分”が深く関係しているのですが、この部分を意識してシャンプー選びをしていない人が大半です。

 

洗浄力が強いシャンプーの洗浄成分の代表が

・ラウリル硫酸Na

・ラウレス硫酸Na・TEA

・オレフィンスルホン酸

・パレスー3硫酸Na

などの洗浄成分です。

シャンプー材の成分表の2番目あたりにこの成分表記がある場合、メインの洗浄成分がこれらの可能性が高いです。

 

この洗浄成分がメインのシャンプーを使っている場合、トリートメントをがっつり洗い流してしまっていて、持ちが悪いと感じてしまうと思います。

 

これらの洗浄成分を使わないことが、対策の一つになるのですが、僕は、もう一歩踏み込んでシャンプー選びをしてほしいと思っています。

 

そこで、使用感もよく、幅広い髪質や髪の状態に対応できるシャンプーを厳選してみました。

アミノ酸シャンプー【アロマのやさしさ】
※お試しサイズがあるので、美容室のトリートメント直後に使ってみる事をおすすめします。

 

100%天然由来、全身が洗えるシャンプー【Raburo】
※成分にこだわる人、頭皮が荒れやすい人はこちらがおすすめ。天然成分を贅沢に配合し、優しく洗い上げます。

 

洗い流さないトリートメント「プレミオール」
※髪のダメージが気になる人はこちら。洗い流さないトリートメントもセットの21日間スターターセットが破格です、

 

是非、自宅ヘアケアの基本、毎日のシャンプーを見直してください。きっと違いを感じますし、シャンプーの見直しをせず、美容室のトリートメントを続けるのはコスパ悪すぎですよ。

まとめ

今回は美容室のトリートメントの特徴と注意点、長持ちさせるポイントをお話しました。

 

ぶっちゃけ、シャンプーの見直しだけでは足りない部分もありますが、毎日洗うシャンプーの影響力って大きいです。

自宅ヘアケアに慣れていない人に、あれもこれも方法をお教えしてもどれも中途半端になります。毎日繰り返す事が自然なヘアケアになるのが最前だと思い、この記事ではわかりやすくシャンプーの見直しを推しました。

 

大事なことなので繰り返しますが、美容室のトリートメントを生かすも殺すも、自宅でのヘアケア次第です。美容室でスペシャルなトリートメントをしただけで、1ヶ月も2ヶ月も効果が長持ちするなんてことは、まずありませんので。

 

しっかり美容室のトリートメントを活かすことを意識しましょうね。それではまた。

 

https://kami-to-seikatsu.net/kusege-shampoo/

【商品数が多くて選べない人向け】ノンシリコンシャンプーおすすめ商品4選 このような要望にしっかりとお答えします。 こんにちは。髪と生活(@fjnews0514)です。 ...
ABOUT ME
髪と生活
髪と生活
小さな美容室の店主。 このサイト【髪と生活】のコンセプトは、【日々の生活の充実は、あなたらしい綺麗で扱いやすい髪の毛を作る】です。 このコンセプトに沿った、情報を日々書いています、お時間ある時にゆっくりどうぞ。