くせ毛

くせ毛におすすめのカラーと、色を長持ちさせる3つの方法【ツヤ大事】

img src=”puppy.jpg” alt=”赤毛ボブの女性"

 

<<くせ毛でカラーリングに悩む人

カラーリングすると、やりたては気にならないのですが、しばらくすると毛先の色が抜け、パサつき、困ります。

直毛の人よりも色抜けが早いみたいだし、こんな私にカラーリングは向いてないですか?

地毛だと重く見えるし、垢抜けないのでどうにかしたいのですが、、、。

 

このようなお悩み解消に、この記事は役立ちます。

 

カラーの色が抜けた状態の髪と、くせ毛は相性が悪いです。

くせ毛のデメリットでもある、毛先の乾燥がその理由です。

 

カラーリングは綺麗に色が入ってる時はいいのですが、色抜けすると見栄えが悪すぎです。

乾燥してパサついて見えるし、くせ毛の乾燥と合わさると、、、、残念な見た目です。

 

これを褪色(たいしょく)というのですが、カラーリングをしている全ての人が悩むポイントでもあります。

 

この記事は、カラー後、すぐ残念な見た目にならないように、くせ毛のカラーリングを成功させ、長持ちさせる方法をご紹介します。

 

 

この記事を読めば、くせ毛でも綺麗なカラーの色を、長い期間楽しめるようになりますよ。

色抜けが早い、自宅でどんなケアをしたらいいかわからないと悩む人は、必読です。

 

 

くせ毛におすすめのカラーとは?

落ち着いた色味のツヤ感が出せるカラーの色味がおすすめです。

乾燥してパサついて見えるくせ毛のデメリットを、解消することが目的ですね。

 

ツヤが出て見えるカラーの色味は、

・赤みを感じる暖色系

・深みのあるブラウン系

がおすすめですね。

 

 

髪と生活
髪と生活

クセの強さや、もともとの髪質でもツヤの出方や色持ちは変わるので注意しましょう!

毛先が痛んでいる人は、美容室でしっかり前処理トリートメントをしてからカラーすることも大切です。

 

 

くせ毛に向いているカラーの色見本

 

img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛に向いているカラーの暖色系ボブ"✅まずは赤みを感じる暖色系です。

レッドやピンク、バイオレット(紫)などの色味が代表的ですね。肌の色を綺麗に見せる効果もあります。

くせ毛のパサつきが気になるなら、重めのボブにして毛先を落ち着かせましょう。

 

 

img src=”puppy.jpg” alt=”深いブラウンのミディアム"✅次は、しっかりとブラウンの色味が入ったカラーです。

やはりくせ毛は、全体的に落ち着いた色味にするのがおすすめです。

 

 

※逆に向いていないのは、下記画像のような黄色味を感じる明るめのカラーです。

どうしてもやりたい場合は、毛先のパサつきを目立たせないようなスタイリングは必須です。

 

img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛に向いていない明るめな髪色"
髪と生活
髪と生活
どれも綺麗な色味ですが、髪質と髪の状態に合わせてカラーリングする方が魅力的に見えますよ!

くせ毛がカラーする際の注意点と色持ち対策

ビビットなカラーリングの女性

くせ毛のカラーは、色が抜けた時の見え方に、こだわることが重要です。

 

くせ毛は、カラー後、大体1ヶ月半〜2ヶ月くらいの髪の毛の見え方が直毛の人に比べて、残念なことになります。

 

この部分の解決方法として、おすすめなのが↓

・やりたい色味、明るさよりも、少し濃いめ(暗め)にカラーリングする

 

・毛先のケア方法をしっかり美容師に聞き、自宅で毎日コツコツ実践する

 

・カラーと同色系の色味が配合されたシャンプーを使う

※下記におすすめ商品をご紹介しておきます

このあたりを意識すると、いいかなと思います。

 

そして、そもそも論になってしまうかもですが、1ヶ月くらいの頻度でカラーをすれば、色味はキレイに保てると思います。

髪と生活
髪と生活
なかなか難しいと思いますが、これが1番効果的なのかもしれません。

 

カラーの色味を長持ちさせる、色素入りのシャンプー

・こちらはアッシュ系の色味にした人向け

 

・黄色味を抑えたい人はこちら

 

ナプラ napla N. エヌドット カラーシャンプー Pi(ピンク) 320mL & トリートメント 300g セット
ナプラ napla

・赤系、ピンク系用もあります。

ツヤを出しやすい色味で、くせ毛にもおすすめなのですが色抜けしやすいので、このシャンプーは必須レベルです。

 

 

くせ毛のカラーを長持ちさせる自宅でのヘアケアとは

くせ毛のブラウン系カラーの女性

・カラーしてから24時間は髪の毛を洗わない

・髪の毛は毎日しっかり乾かす

・洗い流さないトリートメントで毛先を保護する

上記3点がポイントです。それぞれ解説していきます。

カラーしてから、24時間は髪の毛を洗わない

 

カラーリングした日は、髪の毛を洗わないほうがベターです。

 

もちろん、美容室でスタイリングしてワックス等が付いている場合は洗うことになるのですが、あまり長時間ゴシゴシ洗わない方がいいです。

 

理由としては、カラーした直後は、まだ色味が流出しやすい状態だからです。

見た目にはほぼ見えないのですが、表面付近に入っている色味が、水分、シャンプー剤、髪の毛どうしの摩擦などによって、落ちやすくなっています。

 

髪と生活
髪と生活
なるべく次の日の夜から、シャンプーするようにしましょう。

髪の毛は毎日しっかり乾かす

 

濡れている髪の毛は、痛みやすく、結果、色味も抜けやすくなります。

 

髪の毛を完全に乾かさずに寝たら、翌朝、まくらにカラーの色味がついていた経験はありませんか?

色味が濃いカラーをすると特になんですが、濡れたままにすると、カラーの色味はどんどん抜けます。

 

これは髪の毛表面のキューティクルという、“フタ”のような役割をしている部分が、濡れることによって開くのが原因で、しっかり乾かしてこの”フタ”を閉じないといけないわけです。

 

髪と生活
髪と生活

くせ毛はドライヤーの熱をしっかり当てることで、まとまって扱いやすくもなるので、翌朝の時短の為にもしっかり乾かしましょう。

洗い流さないトリートメントで毛先を保護する

 

やはり毛先ケアの定番は、洗い流さないトリートメントを正しく使うことが基本になってきます、カラーを長持ちさせるのも、例外ではありません。

 

洗い流さないトリートメントは、毛先の保護、コーティングの役割なので、カラーリングをした髪の毛を外部の刺激から守ります。

 

img src=”puppy.jpg” alt=”髪質別洗い流さないトリートメント"
【髪質×髪の状態で選んだ】洗い流さないトリートメントおすすめ15選こんにちは。髪と生活(@finews0514)です。 この記事を書いている僕は、現在小さい美容院を経営し、月間200名のお客さ...

こちらの記事でおすすめをご紹介しています。カラーの持ちをよくする商品もあるので、チェックしてください。

 

なかでも、特におすすめ商品は、R21ストレートオイルです。

最初に使った時は、くせ毛の収まり具合にびっくりしました。うねった髪の毛が伸びるわけでは無いですが、ボリュームダウンをかなり実感できると思います。

 

くせ毛のカラーリングまとめ

今回はくせ毛の人の、カラーリングの悩みを解決する方法をご紹介しました。

 

直毛の人に比べて、気になるポイントが多いのがくせ毛のデメリットでもあるのですが、この記事を参考に上手に付き合っていけば、きっと、くせ毛のメリットを感じれると思います。

カラーがキレイに入った髪の毛は、直毛、くせ毛関わらず、素敵です。気に入った色味を少しでも保つ工夫をしてほしいと思います。

それでは今日はこの辺で、またお会いしましょう。

img src=”puppy.jpg” alt=”佇むくせ毛の女性”
くせ毛はショートやボブにすれば、ほとんどの悩みは解消します【魅力もUP】 くせ毛の悩みを髪型で解決できないかな、、、。 と、悩んでいる人に僕が全力でおすすめするのは、ショートヘアやボブの、短め...
img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛対策をして、髪の毛が扱いやすくなった女性”
くせ毛の原因は年齢による髪質の変化です。【今日からできる対策3選も解説】 このような疑問にお答えします。 くせ毛は、年齢とともに強くなることも多く、直毛だった人が加齢ととも...
img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛のメンズ2人と女性"
メンズのくせ毛のお悩み対策を考えてみた【30代からはベリーショート】この記事は、くせ毛で悩む男性向けに ・くせ毛を活かす方法 ・くせ毛を抑える方法 をご紹介して、お悩みを解消に繋...
ABOUT ME
髪と生活
髪と生活
小さな美容室の店主。 このサイト【髪と生活】のコンセプトは、【日々の生活の充実は、あなたらしい綺麗で扱いやすい髪の毛を作る】です。 このコンセプトに沿った、情報を日々書いています、お時間ある時にゆっくりどうぞ。