くせ毛

前髪のくせ毛を、今よりもかわいく見せる方法【ドライヤー使いがポイント】

img src=”puppy.jpg” alt=”スタイリングしたくせ毛前髪"

 

この記事は、

・くせ毛の前髪をうまく扱うポイント

・くせ毛で収まりが悪い髪の毛の乾かし方とドライヤー選び

について、詳しく解説していきます。

 

この記事を書いている僕は、現在小さい美容院を経営し、月間200名のお客さんを担当しています。

お客さんにいつも伝えている事は、美容院のスペシャルケアと、あなた自身が自宅で行うホームケアが、どちらも大事で欠かせないということ。

 

前髪含め、くせ毛は乾かし方と正しいスタイリングで、クセを落ち着けることが重要です。

髪の毛の、熱を当て、あたたまると形が変わり(クセが伸び)、冷えると形が固定されるという、特徴を利用するわけです。

 

毎日鏡で、顔や髪型を見ると思いますが、前髪のバランスと収まりで、だいぶ雰囲気が変わるものです。

この記事を読めば、髪型の重要なパーツでもある前髪を、くせ毛に負けないようにしっかり整えることができます。

最後までお付き合いください。

くせ毛前髪の乾かし方とスタイリングのコツ

 

くせ毛前髪の乾かし方は、

・根元に風を当て、つぶれないように、ふんわりと乾かす

・左右からしっかり風を当て、フラットな状態にする

・毛先は最後に風を当て、収める

この3点がポイントです。

 

✅写真で解説していきます。

 

img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛が前髪を乾かす様子"まずは右手でドライヤーを持ち、根元に風を当てていきます。

この時、左手の指の腹はしっかり頭皮を感じながらシャンプーをする時のように動かします。

 

 

img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛前髪にドライヤーの風を当てる様子"✅次は反対です。右側と同じように繰り返します。

右利きの人は、左手でドライヤーを持つのがツラく、風がブレがちなので注意です。

 

img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛前髪を収める様子"

✅最後は収めていきます。

ここでも風を頭皮に当てながら、しっかり指の腹を動かします。

右→左→真ん中と乾かすことで、根元がフラットになり自然な立ち上がりが生まれます。

同時に、この手順で乾かすと、気になるクセも少し伸びていて収まるようになります。

 

以上で乾かし方と、ポイント解説は終了です。

一気に乾かそうとしないで、手順を意識しながら乾かすことで、クセを適度に伸ばしながら、自然な立ち上がりのある前髪が出来上がります。

 

くせ毛前髪のスタイリングのやり方

 

ストレートアイロンを使うことをおすすめします。

 

※プロ仕様の、とてもいい商品です。写真のスタイリングでも使用しています。

 

髪の毛を挟んでまっすぐにしたり、毛先のニュアンスを作るためのアイロンです。

丸いコテよりも簡単にスタイリングできるので、こちらをおすすめしました。

 

使い方は簡単で、くせ毛が気になる部分を挟み、毛先にスライドさせるだけです。

img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛前髪にストレートアイロンをする様子"✅写真は、根元からアイロンをスライドしたあと、毛先に少し角度をつけて内巻きにしている様子です。

このように、毛先はまっすぐになりすぎないよう自然な丸みをつけるのが、くせ毛との調和を考えてもおすすめです。

 

img src=”puppy.jpg” alt=”スタイリングしたくせ毛前髪"✅仕上がりはこんな感じで、自然な立ち上がりと、毛先の動きが出ます。

 

 

おすすめは、くせ毛を完全にまっすぐにしすぎず、うねりを活かしながら調和させるスタイリングです。

前髪だけまっすぐにしても、周りの髪がうねっていたら違和感でますよね。そこを考えながらセットすることが、くせ毛攻略のポイントです。

 

次は、くせ毛の毛先を自然に収める乾かし方も解説していきます。

くせ毛の乾かし方のポイント【全体と毛先】

ポイントは以下

・7割乾いてからが勝負

・最後の仕上げはドライヤーの角度と、冷風モード

一つづつ詳しく説明します。

 

くせ毛のドライヤーは7割乾かすことがポイント

 

くせ毛は乾燥しやすいので、完全に乾かさず、水分が少し残っている状態から洗い流さないトリートメントなどで仕上げるなど、工夫しないとうまくいきません。

おすすめは、全体を7割くらい乾かして、毛先が少し湿っている状態です。

7割乾いている状態の目安は、

・根元→ほぼ乾いている

・中間→少し湿っている

・毛先→中間より湿っている

という状態です。

 

この状態を目指すには、まずドライヤーで根元を満遍なく乾かし、中間→毛先という順番で乾かしてください。

※ベリーショート~ショートくらいの長さの人はこの7割乾いているという状態を作りづらいです。

一気に乾かして、毛先中心に霧吹きで水気を足すと、ちょうどよい湿り具合になります。

 

✅まずは根元をしっかりと乾かしましょう。

img src=”puppy.jpg” alt=”髪の毛を乾かす様子"

 

✅耳周りや後頭部もしっかりと。

img src=”puppy.jpg” alt=”後頭部を乾かす女性"

 

頭皮をしっかりと指の腹で感じながら、全体を満遍なく乾かし、その後、毛先が少し湿っている、7割乾いた状態に近づけます。

 

なぜ7割乾いた状態を目指すのかというと、

・根元が自然に立ち上がる乾き具合

・中間~毛先のクセを矯正しやすい湿り具合

を両立させるためです。

 

✅その後、少し湿った毛先を少し引っ張りながらドライヤーの熱で収めます。

このタイミングで洗い流さないトリートメントを毛先に馴染ませても効果的です。

img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛の毛先を収める様子"

 

 

まとめると、くせ毛は乾燥しやすく完全に乾かすと収まらなくなるので、少し毛先が湿っているくらいからドライヤーなどを使い、くせ毛を収める工夫をすることが大切ということです。

 

最後の仕上げはドライヤーの角度と、冷風モード

 

✅もう一度毛先をドライヤーの熱で収める方法を見てみましょう。

img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛の毛先を収める様子"

ドライヤーの風は、上から毛先に向かって当てていますよね。

下から吹き上げるようにして乾かし終えると毛先がバラバラにちらばり、まとまりません。

しっかりと腕を上げて、口部分(風がでてきている部分)を下向きにして、髪の毛表面を風が滑るようなイメージで乾かし終えましょう。

さらに、温まった髪の毛が冷える時に髪の形は決まるので、冷風で冷やせば形状記憶されます。

同じ風の当て方で、最後は冷風で冷やせば、いつもより断然くせ毛は落ち着いているはず。

ドライヤー使い、重要ですよ。

 

くせ毛のためのドライヤー選び

 

くせ毛がドライヤーを選ぶ際の基準は、美容師が使う業務用ドライヤーを使うことです。

※もちろんくせ毛に限ったことではないです。どんな髪質、髪の長さの人にもおすすめ。

 

最近の業務用ドライヤーは、風が強く早く乾くのはあたりまえです。

ドライヤーの機能がかなり進化していて、くせ毛の乾燥を抑え、滑らかに整えながらクセを伸ばすことも可能になりました。

ただ、ぶっちゃけ値段が高いのがネックです。

 

created by Rinker
Bioprogramming
¥27,500
(2020/10/01 17:10:25時点 Amazon調べ-詳細)

✅くせ毛を落ち着け、違いを実感するには、このくらいの価格帯、機能は欲しいところです。

 

¥50000以上の商品もあります。

created by Rinker
Bioprogramming
¥57,200
(2020/09/30 21:29:46時点 Amazon調べ-詳細)

✅値段以外は超絶おすすめしたい商品です。

 

しかし、ドライヤーは毎日使うものですし、そうそう壊れないので、投資しても損しないですし、投資するべきとも思います。

くせ毛を落ち着ける乾かし方も、ドライヤーをいいものに変えれば、さらに効果を実感しやすくなるのも、いいすぎではありません。

 

くせ毛対策にスタイリング剤やシャンプーを変え、なかなかいいものに出会えない、合わないと悩んでいるなら、ドライヤーを変えることですべて解決できるかもしれません。

髪と生活
髪と生活
それだけ、いいドライヤーで髪を乾かすという行為は重要なんです。

 

くせ毛前髪と毛先の収め方まとめ

 

今回は、くせ毛の前髪の乾かし方とスタイリング、ドライヤー選びまで詳しく解説しました。

 

基本的には、乾かし方をマスターしたあとドライヤーをいいものに変えて、より変化を感じるという流れがおすすめなのですが、もちろんドライヤーが先でもOKです。

 

髪と生活
髪と生活
乾かし方の工夫はくせ毛、直毛に関わらず、すべての髪質、髪型においてかなり重要な部分です。

まずは、しっかりあなたの髪質を理解し、最適な方法を見つけてほしいと思います。

それでは今日はこのへんで、またお会いしましょう。

img src=”puppy.jpg” alt=”佇むくせ毛の女性”
くせ毛はショートやボブにすれば、ほとんどの悩みは解消します【魅力もUP】 くせ毛の悩みを髪型で解決できないかな、、、。 と、悩んでいる人に僕が全力でおすすめするのは、ショートヘアやボブの、短め...
img src=”puppy.jpg” alt=”くせ毛対策をして、髪の毛が扱いやすくなった女性”
くせ毛の原因は年齢による髪質の変化です。【今日からできる対策3選も解説】 このような疑問にお答えします。 くせ毛は、年齢とともに強くなることも多く、直毛だった人が加齢ととも...
img src=”puppy.jpg” alt=”髪質別洗い流さないトリートメント"
【髪質×髪の状態で選んだ】洗い流さないトリートメントおすすめ15選こんにちは。髪と生活(@finews0514)です。 この記事を書いている僕は、現在小さい美容院を経営し、月間200名のお客さ...
ABOUT ME
髪と生活
髪と生活
小さな美容室の店主。 このサイト【髪と生活】のコンセプトは、【日々の生活の充実は、あなたらしい綺麗で扱いやすい髪の毛を作る】です。 このコンセプトに沿った、情報を日々書いています、お時間ある時にゆっくりどうぞ。